任意整理 法律事務所

全国や地方で債務整理・借金の相談をするならどこがいい?

借金返済の相談

借金の金額が多すぎて返済がつらい…。
債務整理して、借金の苦しみから解放されたい…。
もしそう考えているなら、すぐに司法書士・弁護士に相談を。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促がSTOPしたり、等といういろんなメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談を受け付けてくれる法律事務所・法務事務所も複数あります。
ここではそれらの中で、全国や地方に対応している、お勧めの所を紹介しています。
また、全国や地方の地元の法務事務所や法律事務所もいくつかピックアップしているので、それらも参考にしてみてください。
借金の問題は、1人で解決するのは難しいものです。
弁護士や司法書士の知恵を借り、解決策を探しましょう!

全国や地方の人が借金・任意整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の借金返済・多重債務解決の相談なら、コチラがおススメです。
弁護士対応で、全国に対応している法律事務所です。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払いは、分割払いでもOK。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の督促をストップすることも可能。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、債務や借金について相談できます。。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、過払いや借金の問題を相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに合った方法で借金や多重債務の問題を解決します。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から料金を精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいため、お得に解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性の方でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので全国や地方に住んでいる人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



全国や地方周辺の他の法務事務所・法律事務所を紹介

全国や地方には他にもいくつかの法律事務所や法務事務所があります。これらも参考にしてください。




地元全国や地方の法務事務所・法律事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、心理的に相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

全国や地方で多重債務、問題を抱えた理由とは

キャッシング会社やクレジットカードのリボ払い等は、高額な利子が付きます。
15%〜20%もの利子を払わなければなりません。
住宅ローンだと年間0.6%〜4%ほど、マイカーローンも年間1.2%〜5%くらいなので、すごい差があります。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定している消費者金融だと、なんと金利0.29などの高利な金利を取っている場合もあります。
高い金利を払いながら、借金はどんどん増える。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ないのですが、金利が高利で金額も多いとなると、返済は難しいでしょう。
どうやって返済すればいいか、もはや思いつかないなら、法律事務所や法務事務所に相談するしかないでしょう。
司法書士・弁護士なら、借金・お金問題の解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金返還で返さなければいけない金額が減るかもしれません。
まずは相談、解決にはこれが始めの一歩です。

債務整理のデメリットって?|任意整理

債務整理にも沢山の方法があって、任意で闇金業者と話し合う任意整理と、裁判所を通した法的整理である自己破産もしくは個人再生等々のジャンルが有ります。
それでは、これらの手続きにつきどういう債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これ等三つの手口に同じようにいえる債務整理のデメリットとは、信用情報にそれら手続を行ったことが記載されてしまうという事ですね。いうなればブラックリストというふうな状況です。
としたら、大体5年から7年程は、クレジットカードがつくれなくなったりまた借入れができない状態になったりします。とはいえ、貴方は返すのに苦悩し続けてこれらの手続きをおこなうわけだから、もう暫くの間は借入しない方がよいのではないでしょうか。
カード依存にはまっている人は、むしろ借入が不可能になる事で出来なくなることにより助かるのじゃないかと思います。
次に個人再生又は自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこれらの手続きをやったことが掲載されるという点が挙げられます。しかし、あなたは官報等ご覧になった事が有りますか。むしろ、「官報とは何」という人のほうが多数いるのじゃないでしょうか。
実は、官報は国が作成する新聞みたいなですけれども、やみ金業者などの極特定の方しか見てないのです。ですので、「自己破産の実情が友達に広まった」等といったことはまず絶対にないでしょう。
終わりに、破産特有の債務整理のデメリットですが、1回自己破産すると七年の間は2度と自己破産出来ません。これは十分配慮して、二度と破産しなくてもよいように心がけましょう。

自己破産に潜むリスクとは?/任意整理

はっきり言えば世の中で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。マイホームや高価な車や土地など高価値の物は処分されますが、生活するなかで要る物は処分されないのです。
また20万円以下の貯金は持っていてもいいです。それと当面の間数ケ月分の生活費が百万円未満なら没収される事はないでしょう。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれも僅かな方しか目にしないでしょう。
またいわゆるブラック・リストに掲載され七年間程度の間キャッシングやローンが使用不可能な状態となりますが、これはいたしかたないことです。
あと決められた職に就職できないという事が有るのです。しかしこれもごく少数の限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返済することの不可能な借金を抱えているのなら自己破産を実行するというのも1つの手口なのです。自己破産を実施すれば今までの借金が全部チャラになり、新しく人生をスタートできると言うことでよい点の方が多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士や司法書士や税理士や司法書士等の資格はなくなります。私法上の資格制限として後見人や保証人や遺言執行者にもなれないです。又会社の取締役等にもなれないのです。けれどこれらのリスクはあまり関係無いときが多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きな物では無い筈です。

関連するページの紹介